印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


脚本家で 演出家で 劇団座長、福田卓郎のOfficialサイト

HOME > column > essay2

福田が雑誌やパンフなど色々なところに書いたものです。

去年の11月から髭を生やしている。
これがいったいシナリオとどう関係しているのか? 
何の関係もないようだが、私の場合、一概にそうは言い切れないのである。
簡単に言えばこの髭は思い込みの産物だ。
もちろん思い込んだから髭が生えたというわけではない。
髭を生やせば何かがあると思い込んで生やした髭なのだ。
ここで問題になってくるのが、いったい何を思い込んだかということ。
これが大事。


去年一年間を振り返ってみると‥…・あまり振り返りたくもない悲惨な年だった。
一年間つき合った映画の企画が何本も流れ、
しかもそのうちの一部は無料奉仕になってしまった。
なにがなんでもギャラ払え!と言いたいところだが
訴訟問題にまで発展してもめているところへ首をつっこむ勇気、いや、
精神的な余裕などあろうはずもない。
ま、これからのお付き合いに期待しましょ…‥・と思ったところで気がついた。
この状況はいろんなアンケートでシナリオライターの諸先輩方が答えている
「腹の立つこと」ではないか。
ウーム、いつの間にやら僕もいっぱしのライターか?
‥…・などと思っていたら劇団の公演で大赤字を出してしまった。
もともと火の車だったのが焦げて真っ黒になってしまった。
そんな一年。(もちろん少しはちゃんと仕事もしたけれど)


そこで考えた。
この状況を打破するには何が必要か。
脳天気なおきらくさ、それとも血のにじむ、いや知のにじむ努力と言うべきか。
脳天気ではだれにも負けない。
血のにじむのは嫌だし、知がにじむには教養が足りない。
やはり髭だ。これしかない!


髭が生えたらどんないいことがあるだろう。
まず第一に、童顔の僕が年相応にみられるようになる。
これはいい。年下の奴に生意気な口を開かれなくてすむようになる。
最初から「ムム、できそうな奴!」と思ってくれるかもしれない。


第二に、二重あごを隠せる。
悲しいことだが最近太った。


第三に、毎日髭を剃らなくてもすむ。
う-ん、これが一番かもしれない。これで運勢もかわる‥‥。


はたして髭を生やしたのはそんな理由だったのか。
それでは「一億円もらったらどうしますか」と聞かれて
「 埼玉あたりに家を買います」とか
「どれだけ税金がかかるか計算して残りは貯金する」とか、
そんなことを考えるのと同じだ。


シナリオを書くとき、同じようなことをよく考える。
この男は一億円を騙し取るために何をするだろうか、
この女は男と別れるためにどんな馬鹿なことをするだろうか。
そしてワープロに向かって叫ぶのだ。「俺には才能がない!」


しかしそれは才能と言うよりも想像力がないと言ったほうがいい。
ライターは書いている間、いろいろな登場人物を演じる役者になる。
思い、行動し、話す。
しかしそれは空想の産物だ。空想で語弊があればそれは想像力の産物だ。
役者はその世界を生きる。
ゆえに役者にとって一番重要なことは想像力の刺激だと僕は思う。


想像力を刺激してでてきたものは、現実的、実用的ではないことがおおい。
なぜなら想像力によって生み出されるのは願望だからだ。
本当の願望とは「家を買う」とか「貯金する」とかといった
平凡な現実に基盤を置いたものではないと思うからだ。
もし、自分の現実的な経験を元に感情を作りあげて行くならば、
僕はいつまでたっても
オードリー・ヘプバーンとの夢のような一夜を描写できないだろう。
役者ならそのゴージャスな思いを伝えることはできないだろう。
すごく当たり前なことではあるが、できないことを考え、
体現するからこの仕事は楽しい。
仮想現実でなく、空想現実、想像現実とでも言うペきか。
想像できればどこへでも行ける。
言いかえれば平凡な日常へ戻ることもできるのだ。
しかしその平凡は願望によって特殊化されている。


で、髭の話。
僕はいったい髭を生やすということで何を想像し、何を望んだのか。
‥‥秘密である。
そう簡単にはあかせない。
「似合わないから馬鹿にされないうちに剃ったほうがいいてすよ」
などと劇団員に大きなおせっかいをやかれても、僕はまだ髭を剃っていない。
単に気分転換?
いぶかしがる劇団員達。
隙をみては抜こうとするふらちな輩。


何を思い込んだか、それが大事。
それを想像するだけて、もしかしたらおもしろい話ができるかもしれない‥‥。
そう思いませんか?
              (月刊シナリオ 1993/6月号掲載)